逃げの気持ちでキャッシュフローゲームに来てはいけない

キャッシュフローゲームで仲間づくり!
LINEで送る
Pocket

現状打破の気持ち≠逃げ

ごくたまに、「今の仕事が嫌で~」とか、「働きたくないなと思って~」とかいう方がキャッシュフローゲーム会に参加することがあります。ほぼ20代前半。

僕は、そういう話を聞くと、それならもうブルーシートへ行くしかないなと突き放します。

そういう方は早くに結果を求めるため、ゲーム会参加のデメリットをもろに受けてしまいます。

メリットとデメリットはこちらに記載しましたので、ご覧ください。

突破するということはそんなに簡単なものではなく、ましてや、逃げ起点で出来るわけがない。

逃げるな!現実を舐めてはいけない。

突破している人たちは、必ず「将来こうなりたい。こうなる!」という明確な目標があり、それに向かう行動をしています。

今が嫌だとかで成功した人を私は知りません。

まずは5年。

適切な師匠を見つけて、その人について5年、めちゃくちゃ頑張れば、サラリーマンでいるだけでは手にすることが出来ないパイプラインを構築することができる可能性を自分のものとして実感できると確信しています。

ただ、ほとんどの人が「これは成果が出ない。」とあきらめて3年程度で離脱することも知っています。

成功した人は、成功するまで諦めなかったから成功したのであって、ラッキーでも天才でもないと思っています。

諦めない才能はあるかもしれませんが、必要なのは、「現状打破の猛烈な意思」だけだと思います。継続は力なり

私は、家族の為にも現状打破しなければ、この先何かあった時に慌てることは目に見えているので、今頑張ります。

もしあなたが、現状打破の強い気持ちでこのページを開いたのであれば、我々のキャッシュフローゲーム会は必ずあなたの力になります。それが10年の実績であり、支持されてきた大きな理由の1つだからです。

会社にはいない、あなたと真剣に未来の話をする仲間との出会いがキャッシュフローゲーム会にはあります。

なぜ私が、自分が運営するキャッシュフローゲーム会をここまで自信をもってお薦め出来るのかは、こちらの記事をご覧ください。

また、キャッシュフローゲーム会の様子や、参加者の声も併せてご覧いただければ、より雰囲気も伝わると思います。

キャッシュフローゲームへのお申込みはこちらから!

申し込みボタン

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です