金持ち父さんになるために絶対に忘れてはならないこと

LINEで送る
Pocket

金持ち父さんになって経済的自由を手に入れるために必要なことは

checkpoint

①常に金持ち父さん後の自分をイメージする。

→金持ち父さんになった後どのようなライフスタイルを送りたいか。

②中長期の目標を決める

→いつまで(何年後)に金持ち父さんになるのか。

③目標とする日から逆算して、チェックポイントを設ける。

→5年後がゴールなら、4年後はどうなっていないといけない?3年後?2年後?etc

④今やるべきことに全力で取り組む。

→マイペースを言い訳の言葉に使わない。

 

この中で一番重要なことは何か?

 

それは、ダントツで、④の「今やるべきことに全力で取り組む」だ。

目標を定めても、行動が伴わなければゴールに辿り着くことは出来ない。

ゴールに辿り着くためには常に全力で走らなければいけない。人は、怠け癖が付くと中々そこから抜け出せないからだ。

 

5年後の目標を定めても、実際の5年後は今の延長上にあるのではなく、社会情勢なんかは突然変わったりするものだ。iphoneが出て、ケータイ電話業界がガラッと変わったように、その他の事象もいきなり変わることはあり得る。

 

「今、ここ」に全力でぶつかれなければ突破できない。

全力で取り組む

だから、今、ここに全力を出すのだ。未来がどう変わっても良いように、「今、ここ」に全力で挑み続けることが出来れば、どんな状況にも対応できる自分になれる。

 

「私はマイペースでやるから。」という言葉のほとんどは、怠ける自分に対する言い訳である。

 

金持ち父さんになりたいなら、「本気で」取り組まなければならない。

金持ち父さんへの道は厳しいのだ。

 

「私は明日を一度も見たことがない。私にあるのは今日だけだ。今日は勝者のための言葉で明日は敗者のための言葉だ。あなたの未来は、明日ではなく、今日あなたがすることによって作られるのです。」(ロバートキヨサキ)

 

ロバートキヨサキに限らず、堀江貴文氏も「今を生きろ!」と力強いメッセージを発信している。

 

私は、35歳の時に、「40歳になったときに1㎜も後悔しない30代後半を生きる!」と決めた。今のところそこからの生き方・行動の仕方に1㎜も後悔は無い(反省はあるが放置せず修正している)。

これだけ読むと、「やっぱり金持ち父さんになることはとても大変なんだ…」と思うかもしれない。

 

確かに大変だ。

楽して金持ち父さんになれるとか言う人間は信じない方が良いと断言できる。

だが、自分の人生を豊かにするために、自分の責任で、自分のために行動することは本当に楽しい。

少なくとも、私は、これまでの人生の中で今が一番楽しい。

仲間頑張り方が分からない、本当に自分にできるかどうかわからないという方は是非キャッシュフローゲーム会に参加してみるといい。1人でうじうじ考えるより、同じ志を持つ仲間と話す方が、前に進めると私は思う。

 

 

申し込み

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です