【年収じゃない!】経済的自由を達成するために不可欠なメンターの存在

キャッシュフローゲームで仲間づくり!
LINEで送る
Pocket

あなたの時給はいくら?

まず、年間労働時間を出してみよう。

残業等考えず、1日8時間労働土日休みとして、

 

8h×20日×12ヵ月=1920h

 

これで、婚活女子等が望むらしい最低限の年収600万円(額面)の時給は?

 

600万円/1920h=3125円/h

 

これは高いのか安いのか。

 

東証一部上場企業で、そこそこの年齢になれば、800万円くらい稼げるようになるかもしれない。

では、年収800万円(額面)の時給は?

 

800万円/1920h=4200円/h

 

うーん。600万円の場合と、そんなに大きな差は無い。

時給

塾講師や薬剤師であれば、アルバイトでもこれ以上の時給を得ることもできる。

 

 

加えて、毎日定時で帰れる会社はほとんどなく、年収が上がれば上がるほど会社に拘束されている時間が多くなる職業がほとんどだ。

 

つまり、高年収の職業は、実は時給換算すると、「あれ?そんなもん?」と思ってしまう現実に気づく。

 

日本の平均年収は?

国税庁が発表した日本の平均年収は415万円である。

これを時給に換算すると…(割愛)

是非、現状把握のために、自分の労働時間と年収をしっかり見つめ、「私の時給」を出してみて欲しい。

そして、この平均年収は下がり続けているということも認識することも…平均年収低下

経済的自由とは、時給換算の収入生活から脱却することだ。

金持ち父さん貧乏父さんロバートキヨサキが言う、金持ち父さんと貧乏父さんの違いは、収入の質と資産を作る考え方の違いにある。

 貧乏父さんの収入

(労働)1:1(収入)

あなたが1時間働いたら、1時間分の収入を得ることが出来る。

時給1万円の医者だろうが、時給10万円のスポーツ選手だろうが、「あなたが」動かなければ収入は無くなってしまう。

これが貧乏父さんの収入体系である。

 

金持ち父さんの収入

(労働)1:∞(収入)

金持ち父さんは、自分が動かなくても収入が入り続け、増え続ける「仕組み」を作る。

キャッシュフロークワドラントの考え方については、「なぜキャッシュフロークワドラントを理解することが重要なのか」にも記載しているので読んで欲しい。

 

あなたが経済的自由を得て、好きな時に、好きな人と、好きなことを出来る人生を謳歌したいのであれば、クワドランを変えて、金持ち父さんになるしか方法は無い。

 経済的自由とはどういう状態か?

経済的自由とは複数の不労所得収入源を持つこと」にも記載しているが、経済的自由は、「不労所得>日々の生活費」という状態になったときに達成される。

そして、それを達成する方法は、不動産オーナー、大量株保有での配当金、印税生活、ビッグビジネスオーナーになること、とロバートキヨサキは本の中で定義していた。

また、生活費を削っての投資は否定し、「まずは本業以外でビジネスを興しなさい。そして、そのビジネスの儲けを投資に回しなさい。」とも言っている。

金持ち父さんを目指す初期段階は、生活費は本業で稼ぎ、あなたの時間と労力を投資してビジネスを行いなさいということだ。

 

経済的自由を達成したければ、その方法を達成した人に聞け!

最近私は、キャッシュフローゲーム会の後のお茶会で、「努力の効率」という言葉を好んで使う。

それはどういうことかというと、自分が「金持ち父さんになって経済的自由を目指す!」と決め、行動を起こしたとしても、本当にゴールに向かっているのか分からない状態の方が多い。

もしあなたが、目指す理想像があるとして、それを先に達成している人を見つけることが出来たら、その人に教えを乞うべきだ。

努力の効率その人は様々な苦労の後に経済的自由(GOAL)を達成し、今のあなたの状況をゴールから俯瞰的に見ることが出来る。つまり、GOALへの最短距離を知っているのだ。もちろん、あなたが一生懸命頑張るという条件が必須なのだが、経済的自由を達成した、成功者と呼ばれる方々は、頑張る人には本当に丁寧に教えてくれるし、引っ張り上げてくれる。なぜなら、利害関係が無い、同じ価値観を持つ仲間が増えるとより楽しい人生を歩めることを知っているからだ。

 

どうせ努力するなら、効率が良い方がやりがいもあるし、楽しいとは思いませんか?

キャッシュフローゲームへのお申込みはこちらから!

申し込みボタン

 

<関連記事>

金持ち父さんになるために絶対に忘れてはならないこと

ラットレースを抜け出して金持ち父さんになるための考え方とは

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です