現状打破するための3ステップとは

やる気スイッチ
LINEで送る
Pocket

1つ目。現状を知ること。

サラリーマンの平均年収
「サラリーマンの平均年収推移」国税庁

上記は、国税庁が発表しているサラリーマンの平均年収推移です。

1997年:467万円。2014年:415万円。

リーマンショック等もありましたが、約50万円も下がっているのです。

アベノミクスで今年度は給与は上がるでしょうか?
上がったとしても、60万円もあがるとは思えません。

そして、もう一つ。以下は総務省が出しているデータに基づくコメントです。

「2014年平均の役員を除く雇用者は5240万人となり,前年に比べ39万人の増加となった。このうち正規の職員・従業員は3278万人と16万人の減少となった。一方,非正規の職員・従業員は1962万人と56万人の増加となった。男女別にみると,男性は正規の職員・従業員が2259万人と8万人の減少,非正規の職員・従業員が630万人と20万人の増加となった。女性は正規の職員・従業員が1019万人と8万人の減少,非正規の職員・従業員が1332万人と36万人の増加となった。」【総務省統計局 】

この現状を知ってなお、あなたは行動を起こさず、ただテレビや新聞に愚痴を言い続けますか?

2.今までの自分を振り返る。

現状把握多くの会社では、1年毎、もしくは半年毎に従業員に対して目標設定をさせます。

営業なら売り上げ目標。開発ならコストダウンや、特許申請、購買ならコストダウン。等々。各々の所属部署に応じた目標設定があるでしょう。

しかしこの目標設定、本当にあなたのための目標設定なのでしょうか。

これは、会社のための目標設定ではあって、あなたの人生の目標設定ではありません。

1年の計は元旦にありと言いますが、あなたは、より良い人生を送るための、1年、もしくは5年間の目標設定を立てたことはありますか?YESの人はその習慣を忘れないでください。NOの人は一度考えてみると良いと思います。

NOの人は、長期的な目標がないためにその場の楽しさや物欲で無駄遣いをしてしまいがちです。

かといって、ただ貯金額が多い人も、目標設定が出来ているとは思えません。「5年後までに1千万円貯める!」と言っても、その先が無ければ何もなりません。お金を貯めることは、手段でしかないのです。

 

3.人生の目標を立てる

出口戦略目標の立て方の鉄則は、「ゴールから決めて、それを動かさないこと。そして、逆算してスケジュールを立てること。」です。

「これが出来たら次はこれ」というような積み上げの目標設定ではいつまでたってもゴールに辿り着けずに終わるでしょう。私は「45歳でサラリーの2倍の収入源を作り、早期引退!」という目標をもって、そこから逆算して今行動しています。

当キャッシュフローゲーム会では目標設定のセミナーなども案内(ゲーム会参加経験者のみご案内)してますので、役に立つと思います。

現状を知り、今までの自分を振り返り、改めて人生の目標を立てることで、あなたのモチベーションは大きく上がると思います。

ですが、これだけではだめです。

目標を立てただけでは、達成は出来ません。

行動すること行動するのです!

当キャッシュフローゲーム会は、そんな、行動を起こしたいという方の第一歩にぴったりだと思います。

なぜ私が、自分が運営するキャッシュフローゲーム会をここまで自信をもってお薦め出来るのかは、こちらの記事をご覧ください。

また、キャッシュフローゲーム会の様子や、参加者の声も併せてご覧いただければ、より雰囲気も伝わると思います。

東京の主に人形町と新大阪で平日2回と土日に開催しています。

 

キャッシュフローゲームへのお申込みはこちらから!

申し込みボタン

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です