不動産投資

飽和状態の国内不動産投資で勝つ方法とは

3br2ba
LINEで送る
Pocket

資産形成観点での国内不動産投資は?

 

資産形成と言えば、不動産投資が頭に浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

不動産投資会社も、「オリンピックまでは地価はどんどん値上がりするし、年金もどうなるか分からない今、将来の備えにワンルームマンション投資をしましょう!」と盛んに営業をかけてきます。一部上場企業勤務だと職場にセールス電話がかかってきて辟易したという人も多いのではないでしょうか。

この営業トークでポイントとなるのは下記2点です。

・オリンピックまで

→裏を返せば、オリンピック後は価値が下がっていくことを見越しているので、売る側としては、今のうちに保有物件を売ってしまいたいという意図がある。

・年金もどうなるか分からない

→なぜ不動産投資は大丈夫だと言えるのか。根拠が無い。

ここで、賃貸物件の空室率推移を見てみましょう。

空室率

ガベージニュースさんの記事(クリックで元記事へ)からですが、近年、空室率はどんどん上がっています。 続きを読む

LINEで送る
Pocket

金持ち父さん貧乏父さんを読んで不動産投資を始めようと思った人へ

不動産投資の悩み
LINEで送る
Pocket

まずは、下記の記事を読んで欲しい。

不動産投資の悩み

『首都圏の分譲マンション価格がバブル期並みに上昇し、地価の上昇も全国に広がりつつある。一方そんな動きに逆らうようにマンション賃料が極端に下落している地域がある。都心まで1時間前後の通勤圏にもかかわらず、単身向けの家賃が2万円台と直近のピークの半分程度に下がり、バブル前の昭和期並みになってしまった。』(日経サプリwith TBS)

続きを読む

LINEで送る
Pocket

私が国内不動産投資をお薦めしない理由

LINEで送る
Pocket

国内不動産投資の展望について

年金運用の不透明感、実質賃金の減少、ここ数年の量的金融緩和による不動産バブルなどの影響により、不動産投資を始めるサラリーマンやOLさんが増えているようですが、年々不動産投資で利益を得るのは難しくなっているように思えます。
一体なぜでしょうか?

 

客観的なデータを読み解いてみましょう。

以下の数字を見てください。これは国交省が作成した資料から抜粋した今後の日本の人口予測を表したものです。 続きを読む

LINEで送る
Pocket