なぜ人はキャッシュフローゲーム会に参加するのか

ゲーム会参加のきっかけ
LINEで送る
Pocket

キャッシュフローゲーム会に申し込もうと思うきっかけはどんなものでしょう?

先日のゲーム会には、30歳になる某有名自動車メーカーの営業マンと、某有名小売りチェーン店で働く25歳の女性が参加してくれました。

2人とも漠然と現状に不安をもっており、自分はこのままで良いのかとモヤモヤしている状態で、何かヒントをつかめればという気持ちで参加してくれました。

両者ともにこういった社外勉強会といったものには今まで参加したことは無く、今回ドキドキしながら参加したとのこと。

私は、せっかく一歩踏み出したのだから出来るだけ二人のためになるような情報を与えてあげたいと思い、キャッシュフローゲーム会に臨みました。

30歳の彼は、元々人事部にいたため、会社の役員クラスの報酬も知っており、「役員でもこの程度なのかぁ」と少しがっかりしたり、その後異動した営業部は営業成績も良く、評価も高いのですが、そういう報酬面での現実を知っているため、本当にこのままで良いのかとずっとモヤモヤしていたそうです。

それを同期や同僚に話しても、「何が不満なの?この会社に入ったら安泰でしょう?」とばかり言われるそうです。

「不満は無いけど不安だし、危機感があるんだよね?」と言うと、二人は大きく頷いていました。

30歳の私は、「何が不満なの?」の方でした。

私は、自分で言うのもなんですが会社での評価は高く、常に上位の成績を取っています。

しかし、子どもが出来、具体的に真剣に将来のことを考えた時、あまりにも不透明で、不安定であることに気付き、価値観が変わりました。

本当にサラリーだけに頼った生活だけで良いのか。と。

2人には、「会社ではそんな話はしなくても良いよ。がっかりするだけで何も変わらない。それより、外に出て色々な人に会うと良い。でも知識が無い状態では騙されたりすることもあるだろうから、本を読んで知識をしっかりつけることも忘れずに。」と伝えました。

彼は本は結構読むということでした。

自己啓発の本、ビジネス書、その他色々。

だけど今、何も変わっていない。

それは、サラリーマンのつるみにいるからだと。

人生を変えたければつるみを変えるしかない。コミュニティ

会社で愚痴を言い合うだけの人間関係ではなく、人生の目標を共有できる仲間を見つけなければいけない。

というアドバイスとともに、「君に友達はいらない」という本を推薦しました。

今まで一歩踏み出すことをしなかった彼らが、今、勇気を振り絞って一歩踏み出した。

その一歩目がたまたま当キャッシュフローゲーム会でした。

今回の参加が、彼らの将来のために少しでも役立ってくれたらいいなと思います。

キャッシュフローゲームへのお申込みはこちらから!

申し込みボタン

参加した方に紹介した「君に友達はいらない」はお薦め図書でも紹介しています。

<参考サイト>

金持ち父さん日本オフィシャルサイト(外部リンク)

キャッシュフローゲーム公式サイト(外部リンク)

アプリ版キャッシュフローゲーム(外部リンク)

金持ち父さん公式キャッシュフローゲーム会情報(Googleグループ)

キャッシュフローゲーム(アマゾン)

キャッシュフロー101ゲームのヒント(外部リンク)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です