言葉の力があなたを金持ち父さんへ導く

言葉の力
LINEで送る
Pocket

なぜベンチャー創業者の言葉には力があるのか?

最近言葉の力についてよく考えます。
大きな、政府主催とか、一部上場企業主催のイベントでのセミナーのスピーカーは、やはり大きな、俗に言う「立派な」企業の役員や経営者が多いです。

しかし、僕は、そんな方々のスピーチを聞いても眠くなってしまうんです。たまたま引きが弱かったのか自分の向学心が弱いのか分からないですが…

とはいえ、大きな会社でも、一代でそこまで持っていった経営者の言葉は違います。松下幸之助、本田宗一郎etc…
今でも様々なメディアで、数々の名言が取り上げられています。
僕も好きな言葉はたくさんあります。

今、これだけインターネットが発達すると、「情報発信する力」というのは企業存続やビジネス推進のためには必須の能力だと思っています。それが弱い、その力の理解が浅い人間は、不用意な発言等で一瞬にしてブランドを失います。

主題に戻ります。

ベンチャー企業創業者の言葉はなぜ強く心に響くのか。

これは、僕個人の考えですが、

’’言葉に力がなくなること=ビジネスの死’’

だということを、心の底から理解し、その胸の内、熱意をさらけ出すことに躊躇しないからではないかなと思っています。

自分でビジネスを始めて、それを形にしようと一生懸命活動している今、特に「言葉の力」について実感する場面が多々あります。

思いを伝える。

思いを伝えることで、説得するのではなく、納得してもらうこと

それが、コンスタントに出来るようになると、僕のビジネスは、あなたのビジネスは次のステージに進むのではないかなと、そう思います。

ビジネスにはお金の知識が必要です。なぜキャッシュフローゲームでお金の知識が学ぶことができるのかはこちらをご覧ください。

キャッシュフローゲームへのお申込みはこちらから!

申し込みボタン

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です